海外エンタメ

メーガン妃の「腕組み」で炎上中!嫌われた4つの理由&アンチメーガンの言い分

2022年9月10日、ウィンザー城の外にはエリザベス女王の死去を偲ぶ人たちが大勢いました。

花束やメッセージが所狭しと備えられていた所に、王室メンバーが登場。

ウィリアム皇太子夫妻とヘンリー王子夫妻の4人が現れて、来場者たちにはサプライズ!

4人は来場者のいる場所へ行き、話を聞いたりメッセージを読んだりしていました。

4人の姿を一緒に見るのは2年ぶり、兄弟の絆が戻ってめでたし!と思いきや。

ヘンリー王子の妻メーガン妃に対する不評がネットで大炎上💦

メーガン妃が腕組みをして供えられた花束やメッセージをみていたのが原因

そんなことで炎上?と思い調べたら、はやり嫌われた理由は他にもありました。。。

 

メーガン妃が嫌われた4つの理由

今回のエリザベス女王が死去して、ヘンリー王子とメーガン妃をテレビで見ることが増えました。

メーガン妃は王室批判をしたので、元々イギリスでは評判が良くなかったのです。

今回の炎上は次の4つが原因。

  • 腕組みをして献花を見下ろしていた
  • 花束を渡さなかった
  • ヘンリー王子と手を繋いでベタベタしていた
  • エリザベス女王の最後に駆け付けなかった

どれも些細なことに思えますが、アンチメーガンには許しがたいことのようです。

ひとつずつ紹介しますね。

メーガン妃の腕組みが偉そう?

 

①メーガン妃は集まった献花を腕組みをしながら見ていた!

これがネットで大炎上のひとつめの理由。

ネットで拾ったコメントを紹介しますね。

  • 腕組みをして偉そうに見下していた
  • マナーが悪い、お里が知れる
  • ケイティと違って気品がない
  • 王室を離脱したのにメンバー気取り

厳しい意見が並んでいますね💦

もちろんメーガン妃の擁護派もいます。

  • 何をやっても文句言われて可哀想
  • まだ慣れていないのだから温かい目で見てあげて

同じ場面を見ているのに全く違う意見が存在しました。

しかしアンチメーガンは9割!

かなりの高確率で不評をかっています。

しかもイギリス人だけでなく、日本人も同じでした💦

 

メーガン妃が花束を渡さずスタッフに冷たかった?

②メーガン妃がスタッフに花束を渡さなかった/スタッフに横暴な態度!

メーガン妃が国民から受け取った花束、その際自分で運んで献花してくると約束。

そのため助けに来た男性スタッフを断っています。(2番目の動画)

しかし花束は増え続け違う女性スタッフが登場。

メーガン妃が花束を渡さないので、ヘンリー王子の口添えでやっと花束がスタッフの手に渡りました。

王室では花束に危険物が隠されている可能性を考慮して、すぐにスタッフに渡すのが恒例。

メーガン妃はただこのルールを知らなかっただと思われます。

 

しかしアンチメーガン妃はこの場面を格好の攻撃にします。

  • 自分が花束に囲まれたいだけ
  • スタッフに命令口調で冷たかった
  • カメラを意識しすぎてる
  • 写真でアピールしたから花束を離さなかった
  • 他の王室メンバーは問題ないのに、なぜメーガン妃だけ?

因みに「スタッフに命令口調で冷たかった。」というのは嘘!

上記の2つ目の動画がその場面なのですが、彼女は次のように言っています。

I told them I would place them over there, so you’re good! thank you, I appreciate that.

私があそこに置くと言ったので大丈夫です。ありがとうございました。

と笑顔で男性スタッフに話しています。

一体どこでスタッフに命令口調で冷たかったという風になってしまったのでしょうか?

メーガン妃がヘンリー王子と手を繋いでいた?

イギリス王室では公務の際に、カップルで腕を組んだり手をつなぐことはしません。

しかし一般家庭出身のアメリカ人のメーガン妃はその暗黙のルールには従いません。

それがアンチメーガンを逆なでするのでしょうか?

  • ベタベタしてみっともない
  • 品がなくていやらしい
  • 王室のルールを守るべき

などの批判が相次ぎました💦

実はメーガン妃が手を繋いで批判されるのはこれが初めてではありません。

2018年にも公務中にヘンリー王子と手をつないだメーガン妃は「模範となる王室メンバーではない。」と厳しく言われました。

チャールズ国王とカミラ王妃も公共の場で仲良く手を繋いだり腕を組んだりしていますが、悪い評判は立ちません。

手をつなぐ行為は微笑ましいと思うのですが、外から嫁いできたメーガン妃がやると批判の対象になるようです💦

メーガン妃はエリザベス女王の元へ駆け付けなかった

2022年9月8日、エリザベス女王の体調不良で家族がスコットランドへ急行しました。

しかし最初はヘンリー王子とメーガン妃が一緒に行くはずだったのに、彼女は同行しませんでした。

一部で「メーガン妃はエリザベス女王に会いたくなかったのでは?」という意見が流れましたが、真相は違いました。

 

実はチャールズ国王がストップをかけたのです!

今回は身近な家族だけが集まるとのこと。

ウィリアム皇太子もひとりで駆け付け、キャサリン皇太子妃は自宅で子供達と留守番していました。

そのためメーガン妃も急遽恒例に習い待機をしていたのです。

 

残念なことにヘンリー王子もウィリアム皇太子と同じ飛行機には同乗させてもらえませんでした。

他の王室メンバーも一緒だったため、王室の内情を暴露したヘンリー王子は恨まれているようです💦

メーガン妃は元々嫌われていた?

元々ヘンリー王子とメーガン妃の結婚には反対の人が多かったのは事実です。

理由は次の3つ。

  • アメリカ人だからイギリス王室には合わない
  • 女優で身分が低すぎる
  • 有色人種だから

確かに格調高いイギリス王室には、貴族出身の位の高い人達が嫁ぎます。

メーガン妃は一般家庭の出身、しかもアメリカの黒人!

イギリスもアメリカ同様、昔アフリカ人を奴隷として使っていた歴史があります。

しかも王室には有色人種がいません💦

この件でメーガン妃はイギリス王室内で差別を受けたと告白!

エリザベス女王が異例の謝罪会見を行ったという経緯があります。

「意見の相違があった」と自分の非を認めたわけではありませんが、一大スキャンダルとなりました。

 

メーガン妃の腕組み&花束事件!嫌われる理由まとめ

このような経緯から今でもメーガン妃にはアンチがたくさんいます。

私はイギリス王室やメーガン妃のことは何も知らない一般人ですが、今回の件はどう考えても難癖つけてるだけのように見えます。

動画を見れば本当に大したことのない些細な出来事なのに、アンチメーガンは何をしても気に入らないのでしょうね。

 

因みに日本のヤフーニュースのELLEが書いた記事のコメント欄も荒れています💦

ネガティブなコメント満載ですが、皆さんの意見を知りたい方はどうぞ!

» カメラを意識?それとも善意?メーガン妃、側近に花束を渡すことを拒否

 

【画像】メーガン妃の「手つなぎ」「おじぎ(カーテシー)」が批判されで再炎上中💦

続きを見る

チャールズ国王とカミラ王妃の馴れ初め!W不倫の末の熱愛結婚だった!

続きを見る

-海外エンタメ

Copyright© 【Blog 12】エンタメ&ニュース情報! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.