海外エンタメ

【画像】メーガン妃の「手つなぎ」「おじぎ(カーテシー)」が批判されで再炎上中💦

 

メーガン妃の腕組み炎上」記事でも書きましたが、今度はメーガン妃とヘンリー王子と手をつなぐのに批判が寄せられています。

メーガン妃がメディアに登場するたびに炎上していますね💦

「カーテシー」とは王家に対する特別なあいさつので、膝を腰を折り片足を下げる方法。

前回は「腕組み」と「花束」、今回は「手つなぎ」と「おじぎ」が原因です。

皆さんのメーガン妃の手つなぎ&おじぎについての賛否両論も一緒に紹介します。

 



メーガン妃の手つなぎがイヤらしい?再炎上!

今回のメーガン妃の手つなぎ炎上はエリザベス女王の追悼礼拝での出来事。

追悼後に王家のメンバーが列になって外に出てきた時、メーガン妃とヘンリー王子は手をつないでいました。

これが炎上の原因、好意的&批判的な意見をまとめてみます。

好意的な意見

  • 手をつないでいて愛情を感じる
  • 微笑ましいカップルだと思う
  • 夫を支える姿に感動する
  • 自分達の流儀を貫く強さがある

批判的な意見

  • だらしなく見える
  • ベタベタして不快だ
  • 公務の場なのに失礼だと思う
  • メーガン妃は王家にふさわしくない
  • エリザベス女王の心労の原因がなぜここにいるのか?
  • 歴史のない国で育つと礼儀もわからないのか
  • 早くアメリカに帰って欲しい

残念なことに批判的な意見の方が圧倒的に多いです💦

王室のルールに慣れているイギリス人にとってはメーガン妃の振る舞いが受け入れられない人も多そうです。

逆にアメリカ人はメーガン妃を擁護する意見が多いですね。

 

実はこの時にアン王女の娘ザラ・ティンダルも退場時に夫と手をつないでいたのですが、彼女は批判の対象にはなりませんでした。

 

メーガン妃のカーテシー&ハイヒールも炎上

画像出典:ロイター

エリザベス女王の追悼礼拝時の写真です。

参列者は全員ひとりずつエリザベス女王に敬意を表し「おじぎ(カーテシー)」をします。

おじぎが深ければ深いほど、相手に尊敬の意思を伝えれらるので良いとされています。

このメーガン妃のカーテシーが深すぎてイヤらしい!とまたまた批判の標的となっています。

  • 見苦しいカーテシーの仕方
  • メーガンのカーテシーは間違ってる
  • 注目を集めようと深くカーテシーをしてる
  • カーテシーも深ければよいというものではない
  • 仰々しく白々しい、国民は見抜いている

 

同時にメーガン妃が履いていたハイヒールの底が写真に写り、謎のサインが話題にもなりました💦

  • エリザベス女王に対する感謝の言葉では?
  • まさか呪いのサインじゃないよね?

などと憶測が流れました。

結局ニューヨークのデザイナー「ポール・アンドリュー」のブランドロゴだっただけ、という落ちでした。

 


メーガン妃の手つなぎ炎上の過去

メーガン妃とヘンリー王子は度々公式の場所で手をつないでいます。

最近ではウィンザー城の外に出る時に手をつないでいて批判されています。

1度「ヘンリー王子がメーガン妃と手をつなぐのを拒否した!」と話題になりました。

その時はエリザベス女王主催のイベントで、ベンリー王子は女王に遠慮したのではないかと考えられています。

 

「王族は公式の場で手を繋いではいけない」というルールがあるわけではありません。

しかしエリザベス女王の前ではイチャイチャしないのが暗黙の了解。

ウィリアム皇太子とキャサリン皇太子妃はその教えを忠実に守っているから人気があるのでしょうか?

 

メーガン妃は度々キャサリン皇太子妃と比較されています。

キャサリン皇太子妃がイギリス王室のしきたりに染まっているのは誰の目にも明らか。

それと比べられる新米でアメリカ人のメーガン妃がちょっと気の毒になってきます💦

 

メーガン妃の手つなぎ&カーテシー炎上まとめ

何をやっても一挙一動監視されて批判されるメーガン妃は大変ですね💦

ヘンリー王子への批判は何もないのが不思議なくらい。

悪い女に騙されてる可哀想なヘンリー王子」ということなのでしょうか?

 

王室になじめず批判ばかりされ、王室離脱したメーガン妃とヘンリー王子。

その後あちこちのメディアで騒がれました。

メーガン妃はアメリカのテレビインタビューで次のように話しています。

「エリザベス女王には本当に親切にして頂いた。」

賢明なエリザベス女王はメーガン妃が王室に入ることで大変な将来が待ち受けていることを見抜いていたのでしょう。

しかしさすがのエリザベス女王もメーガン妃の「手つなぎ」や「カーテシー」で炎上するとは思わかなったでしょうね💦

 

メーガン妃の「腕組み」で炎上中!嫌われた4つの理由&アンチメーガンの言い分

続きを見る

カミラ王妃(年齢75歳)の魅力!W不倫後の大恋愛結婚【若い頃の写真】

続きを見る



-海外エンタメ

Copyright© 【Blog 12】エンタメ&ニュース情報! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.