時事ニュース

北海道ゴーカート事故!実はレーシングカート!違いと安全管理の問題点を検証!

2022年9月18日北海道函館地区で開催された「オールトヨタ・クルマファン・フェスティバル」で事故が起こりました。

このイベントで小学6年生の女の子が運転するゴーカートが止まらず、観客たちがいる場所に突っ込み死傷者がでました。

意識不明の重体だった吉田成那(よしだ・せな)ちゃんが病院へ運ばれましたが、翌日死亡。

その他にも2人の男児4歳と1歳の男児が怪我を負いました。

 

なぜこのような悲惨な事故が起こってしまったのか?

現在ある情報を集めてみると実はゴーカートではなくレーシングカートだったのです!

その違いとイベント現場の安全管理について検証してみます。



ゴーカートとレーシングカートの違い

このツイートの写真が「ゴーカートとレーシングカートの違い」を物語っています。

赤いゴーカートは遊園地でよく見かけるタイプですが、右のレーシングカートはF1のように見えます。

実はレーシングカートはF1に興味がある初心者向けの車でスピードがかなり出ます。

見た目の違い

  • ゴーカート→遊園地でサークル内をグルグルまわるだけ
  • レーシングカート→サーキットでヘルメットをかぶって本格的な走行

問題は見た目の違いではありません、可能な走行速度です!

最高速度の違い

  • ゴーカートの最高速度→約20~30キロ
  • レーシングカートの最高速度→約40~90キロ!

ゴーカートの速度は自転車程度ですが、レーシングカートは原付バイクと同じくらいのスピードで走ることができます。

しかも車高が低く体感スピードは100キロ以上になります💦

こんな高速のレーシングカートを11歳の女の子がひとりで運転したと思うと背筋が寒くなります。。。

 



北海道ゴーカート事故の安全管理3つの問題点

写真は北海道函館地区「オールトヨタ・クルマファン・フェスティバル」の広告から切り取ったものです。

レーシングカートでサーキットを走る本格的なモータースポーツです。

ここでは安全管理ができていたのかどうかを3つの観点から検証します。

 

北海道ゴーカート事故検証①乗車基準

このイベントでは「本格高速走行コース」と「保護者と一緒の低速走行コース」が用意されていました。

事故を起こったのは「本格高速コース」で、小学校6年生の11歳の女の子がひとりで運転。

レーシングカートの利用基準は身長140㎝以上の方だけ!

カート乗車には動きやすい服装と靴という指定がありますが、基本的には手ぶらでOKと書いてあります。

「オールトヨタ・クルマファン・フェスティバル」は正当な乗車基準だったのでしょうか?

 

レーシングカートは別名レンタルカートとも呼ばれ、手ぶらで気軽に高速カートに乗れるため人気があります。

日本各地にあるレンタルカート施設の乗車基準をみてみましたが、規則はバラバラ💦

「140㎝以上でブレーキに足が届けばOK」なものから、競技用レンタルカートだと「150chm以上の18歳以上から利用可能」まで様々です。

 

北海道ゴーカート事故検証②ライセンスは必要?

レーシングカートのサーキット走行にはライセンスが必要ありません。

そのため子供でも気軽に乗れるのが売りです。

しかしJAFやヤマハでは独自のライセンスを発行。

1日の講習で安全についての座学と実技を習えば8歳から取得可能となっています。

 

レーシングカートは原付バイクと同じスピードで走行できる車。

事前の安全講習は必須ではないでしょうか?

事故が起こった会場では運転体験をする前に子供達にブレーキやアクセルの操作指導を行っていました。

また通常通り、子供達の足がブレーキに届くかどうかも確認していたということです。

 

北海道ゴーカート事故検証③コースは安全設計だったのか?

今回のイベントでは特設会場を作り運営されていました。

小学校6年生の女の子が3分間の集会時間を終えてピットレーンへ向かっていた時の事故。

レーンは右に曲がるのに、減速せずにそのまま真っ直ぐに観客のいる場所へ突っ込んでしまいました。

近くにいた係員が気が付き「スピードを落として」と指示しましたが、女の子はパニックに陥っていたといいます。

 

レーシングカートの走行サーキットには飛び出し事故を防ぐための防壁が設置されています。

しかし事故が起こった場所はサーキットとピットレーンの間で通常減速するため、簡単な仕切りしかありませんでした。

主催者は「安全対策はとっていたが予期せぬことになった」とコメントしています。

 

実はこのイベントには「函館方面森警察署」「森町消防本部」「JAF」も参加していました。

レーシングカートの特別イベントには安全対策のために警察と消防、そして監督的立場にあるJAFも立ち会うのが定石なのでしょう。

3つのプロたちが参加したイベントで、このような悲惨な事故が起こってしまったのが残念でなりません。

 

北海道ゴーカート事故SNSの反応

 

 

 

ツイッターでは上記のように主催者の安全責任を問う意見が多数ありました。

 体感スピードは100キロ以上にもなる乗り物に11歳の少女が十分な安全講習や練習を受けずに乗車したことが問題!

これは主催者側の落ち度と言われても仕方ありません。

 

北海道ゴーカート事故の問題点まとめ

今回の北海道ゴーカート事故の問題点を最後にまとめます。

3つの問題点

  • ゴーカートではなく高速走行できるレーシングカートだった
  • 事前講習が十分でなかった可能性がある
  • コースの設計が十分で安全ではなかった

原付バイクと同じスピードがでるレーシングカートに乗車する場合は、事前の安全講習が必要なことは明らかです。

現在警察が現場検証を行っていますが、今後厳しい規制でレーシングカートの運営を行って欲しいと思います。



-時事ニュース

Copyright© 【Blog 12】エンタメ&ニュース情報! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.